2009年9月30日水曜日

30日「津波警報解除」

サモアで地震があり、
いろんな人から大丈夫かと連絡があった。
昨日津波警報が出たが、3時間ほどで解除になり、幸い何事もなく平常にもどった。
素晴らしくいい天気で、海が青く透き通って、大惨事があったとは信じられなかった。

平常の今日、再びアナウで3枚のマンタに遭遇した。
3枚同時だ。
つい最近「遭遇最長記録」を出したところなのに、
それに匹敵する長い時間の遭遇であった。
透明度は前より落ちてきているが、問題はない。
最後の一枚はダイバーを恐れず、周りをうろうろしてくれたもんだ。

で、写真はマンタではなく、きれいなウミウシちゃん。
アナウなどラグーンのポイントではそれなりの大きさ、種類のウミウシがいる。
外洋では見つけても小指のつめ先ぐらいの大きさしかない。

今回の死者のかたにご冥福を、
そしてサモアの早い救助・復旧を祈る。

2009年9月28日月曜日

28日「バカな子ほど・・・」

ムリムリのバカガメは
今日もバカ振りを発揮し、
まっしぐらにこちらに向かってきたかと思うと、
一分の迷いもなく
ガブリと私のマスクに喰らいついてきた。
ありえへん。

2009年9月27日日曜日

27日「寝ガメ」

ここ一週間ほど、タプーにある穴ぐらでカメが休んでいる。
今日も寝ていた。
ダイバーが来ると当然うざそうにする。
カメラを向けてもいいけど、さっさと。
フラッシュは厳禁です。

2009年9月26日土曜日

26日「暴風雨のあと」

一昨日の夜から暴風雨であった。
次の日の朝少しおさまったものの、
せっかくの休日であったにもかかわらず、
どこにも行けず、一日中家にこもって、
ずっと日本のアニメを見て過ごした。
2日後の今日は穏やかでいい天気であった。
珍しく夕焼けがきれいだった。
この時期に暴風雨が来るのは珍しい。
やはり気候がおかしくなっているような気がする。

2009年9月21日月曜日

21日「マンタ遭遇最長記録!」



アナウにて、
潜行開始後5分しないうちに最初のマンタに遭遇。
すぐに2枚目が合流。
ダイバーをあまり恐れず、つかず離れず、行きつ戻りつ、まわりをふわふわ。
気がつけばすでに55分!
まだ下に泳いでいるマンタに名残を惜しみつつ、終了。
はじめから最後まですーっとマンタと一緒にいられたのははじめてである。
透明度も良好であった。
今日のお客様はスーパーラッキーである。
ありがと~、マンタ!

2009年9月18日金曜日

17日「アナウは」

ボラ一のサンゴ礁。光が差し込んできれい。
ボラではレアな、ウミヅキチョウチョウウオ!

アナウはかつてのマンタポイントだが、最近はさっぱりマンタがいないというので、名前が変えられ、あまり見向きもされないかわいそうなポイント。
しかし!
私見を言わせてもらえば、ボラボラで一番きれいなポイントである!
通常透明度が悪いので、おバカなフランス人イントラたちにはそのよさが分かりにくいのであろうが、
透明度がいいときのアナウは、そのサンゴ礁の素晴らしさが輝いて、まるで竜宮城にいるような気分にさせてくれるのである。
透明度が悪くても、チャネルの突き当たりや、リーフの浅瀬、白砂の広がる場所など、ぜーんぜん見られるのである。
昨日はそれはそれは美しくて、上がりたくなかったぐらいだ。
お客様もなかなか上がってこなかった。
マンタはいなくても、それほど魅力的なポイントなのである。
(かわりにカメとマダラトビエイを見た。)

2009年9月15日火曜日

15日「出た!」


今日のクジラだ!
親子だ!
3頭だ!
どうだまいったか!

2009年9月13日日曜日

13日「ボラには全く関係ない映画の話」

今日は私の誕生日だ。
でも時差があるから、本当は昨日がそうだ。
今日の天気は雨で一日中うっとおしかった。
朝家の前が池になっていた。
しかし今朝のダイビングでは久しぶりにマンタをじっくりと、しかも2枚も、お目にかかることができ、イルカもはねた。
普段の行いのいい私への神様からのプレゼントに違いない。(天気は嫌がらせか・・・?)

先日読み終えた本が金城一紀の「映画篇」であった。
映画を愛する人には、最後にたまらなくじんとくる話であった。
「ニューシネマパラダイス」のラストでどっひゃ~っとやられたのを思い出した。

最近ええ映画にお目にかからないし、ボラには映画館もないし、
しかし、自分の町から、かつて通いまくった映画館が次々なくなっていくのが
ものすごく悲しいと思っているのも思い出した。
シネコンなんて嫌いだ。(しょうがないから行くけど)

この間帰国したとき、また一つ映画館が閉まるというのに、
最終上映の日にどうしてもいけないから、
せめて中の写真だけでも~、
と受付の人に頼んで、むげに断られた。
映画好き、映画館好きの気持ちのわからぬ人間がなぜそこで働いているのだ~!
と激怒したものである。

最近映画への情熱はすっかりさめてしまっているが、
「映画篇」を読んで、やっぱり私映画好きやわ~、と思い、
たまたま誕生日前日にダウンロードし終えた、
私の映画の原点、「スターウォーズ」全エピソードの全サントラを
自分へのプレゼントとすることにした。

そういえば、スターウォーズを見た映画館が、この前、写真を断られ閉まったところであった。

過ぎ去りしとき、失われたものたちを思い、感慨にふけりながら、
思い出のスターウォーズを聞いた・・・というようなことは全くなく、
あのオープニングが出たとたん、自然に顔がにま~となって映画のシーンに頭は突入するのである。
全然現在形である。
再び当分の私のテーマ曲は、ちゃちゃちゃちゃ~ん!なのだ。ふ。

2009年9月10日木曜日

10日「季節の変わり目」

風がかわった。
南東からの冷たい風の変わりに、北西からのぬくい風が吹き始めた。
このまま冬が終わり、すこしづつ暖かくなっていくといいな。

2009年9月9日水曜日

9日「仲良し」


ムリムリで見かけたカップル。
ときどき異種間カップルを見かける。
今日はギチベラくんとヘラヤガラちゃん。
どちらかといえば、
ヘラヤガラちゃんがギチベラ君にぞっこんな感じであった。

2009年9月8日火曜日

8日「アカツキハギだ!」

ハワイでは普通種で、ここではめったにお目にかからないアカツキハギちゃん。
数もすくなければ、怖がりさんですぐにかくれるから、ますます会えない。
昨日今日と続けてハピティで見つけた。
興奮して、カメラを向けたら、私のダイバーさんもみんな寄ってきてフラッシュをたくものだから、
かわいそうに穴のなかに逃げ入って右往左往。
他のハギにも追い立てられ、
「うえ~ん!」
という声が聞こえてきそうだった。
ごめんね。

2009年9月6日日曜日

6日「ネモの子どもたち」

これは何かな?

答えはネモちゃん(オレンジフィンアネモネフィッシュ。この間かまれたやつ)の卵。
もうまん丸お目目が見えるでしょ。
無事に生まれるといいね!

2009年9月3日木曜日

3日「恋の季節2」

いつもは遊んでいてかわいくかぷっと噛むだけのアネモネフィッシュに、
「ガジガジガジガジガジ!」
とものすごく噛まれた。
ビックらこいてみたら、
タマゴがあった。
ゴメンネ~
タマゴとらないからね~。

ちなみにアネモネちゃんは大きいほうが女の子、
小さいほうが男の子なのだ。

2009年9月2日水曜日

2日 「恋の季節」

バナナの花
マンゴーの花
ウミウシのデート
ウミウシとそのタマゴ

どうもボラボラは今恋の季節らしい。
コンゴウフグもやたらメスにモーションをかけていたし、
タマゴと精子を水中に放出して、透き通った海をいきなり白くにごらしたサカナどももいた。
植物どもは早くも実り始めている。

わたしにゃ、ぜんぜんその季節は来ないが。

2009年9月1日火曜日

「でもマンタみたも~ん」


その寒空の中震えながら、しかしダイビングボートは行く。
先週はマンタに会えなかったアナウに向かう。
透明度5m、しかし潜り始めてすぐに目の前に来た。
透明度が悪いと向こうも直前までダイバーに気づかないから、
お互い目の変えに現れて、びっくりするのだ。
マンタは
「きゃーダイバー、いーやー」
という感じで旋回して逃げていった。

1日 「この冬一番の冷え込み」

                かすむオテマヌ、というか全く見えない。


さむいで~~!!


昨日は風も強く、嵐模様の夜が明けると、
いたるところで、屋根はめくりあがり、看板は落ち砕け散り、
船はひっくり返されていた。
(うちのボートじゃありませんけど)