2013年8月30日金曜日

30日「ヘイバ2013ボラボラ〜期間限定レストラン」

ヘイバの時期だけ突如現れるレストラン群。
安くてうまい!
数が今年は少し増えたようだ。
メニューはどこもほぼ同じで、
ステーキ、牛肉野菜いため、サラダ、デザートなどなど、
1000〜2000フランぐらい。
ビールもあり。
今年は店前でカラフルなケーキを出す店まで登場。
中はココナッツの葉や貝できれいに飾られている。
各店にトイレもついていて、突貫工事ながら、きれいである。
この時期にボラにきたなら、一度はヘイバ会場で食べるべし。



2013年8月27日火曜日

27日「ヘイバ2013ボラボラ〜エキシビション」

もう終わってしまったが、今年もヘイバは大盛り上がり。
最近はボラボラ内の参加者だけではなく、
ボラボラ大会が終わったあと、近くの島の優勝グループがやって来て
踊ってくれる。
今年はフアヒネ、タハア、ライアテア、モピティからのエキシビション。
ヘイバは毎年6月下旬から7月下旬まで。





2013年8月24日土曜日

24日「きれいなオテマヌ」

はい、ボラボラ定番のオテマヌビュー。
マンタスポットより。
青空をバックに全面に日があたっているのもいいけど、
夕方日が山の後ろにいくと、
山が立体的になり、光が光線になって差し込んでいる様子も
またすばらしい。
島の東側のホテルの人はサンセットは見られないけど、
そんなオテマヌの姿を堪能するべし。

2013年8月21日水曜日

21日「マンタ3枚」

透明度は悪いながら、たくさんのマンタに会えた日。
ほんとはこの前後に数枚通り過ぎて行った。
シルエットがこんなに素敵なやつもいないな。

2013年8月18日日曜日

18日「オテマヌの洞穴」

オテマヌの上のほうには大きなほらあながある。
歩いてもアプローチできるらしく、
それなら穴の中から、
ボラボラのすばらしいラグーンの景色が楽しめる。
日本の旅行者にはそれは難しいので、
近づける手段はヘリコプターのみになる。
外から眺めるのと、中から外を眺めるの。
その気分の違いはまあ歴然としているけれど。
写真真ん中あたりの穴がわかるかな?

2013年8月15日木曜日

15日「レモンシャーク連写」

3番目の写真、手前から、
いぼこ、ブランシェット、プチシロ。
久しぶりの勢揃い。
一番最後のはブランシェット。
彼らがいてこそのボラの海!






2013年8月11日日曜日

11日「つぶらなお目目」

タプーのいつも同じところにいるハダカハオコゼ。
葉っぱみたいにゆらゆら体をゆらす事で、
敵の目をごまかし、身を守るという、とても平和的な魚だ。
近くで見ると、目がつぶらでかわいい。
頑張って生き延びてね。

2013年8月8日木曜日

8日「神様」

ボラボラに東側の小高い丘の上に、
大きな白い十字架が立っている。
タヒチ人の多くは経験なカトリック信者。

2013年8月5日月曜日

5日「マンタ連続写真」

体を低く、息を殺して、
見ているようで見ていないていで・・・そおっと、そおっと。













2013年8月3日土曜日

3日「ある夕暮れ」

家から海に面した道に向かう。
前の島はトプア。

2013年8月1日木曜日

1日「進入禁止!」

ファーマーフィッシュはその名の通り、
自分の食料を畑で育てる。
だからテリトリー意識がとても強い。
みんなに人気のアネモネフィッシュのすぐそばに
畑を持つ彼は、ダイバーが来るたびに、
畑を守ろうと必死である。
悪いなーと思いつつ、面白いから、
ちょっと畑に侵入して、遊んでしまう。
ごめんね〜