2016年3月30日水曜日

30日「マダラトビエイ・デイpart1」

トプアのマダラトビエイの遭遇率はかなりのもの。
ただ、いいコンディションでたくさん近く見られるかというのは
別の話。
この日は透明度も良く、
たくさんのエイが登場し、
しかも長い時間見ることができ、
しかも大接近もあるという、
マダラトビエイ・デイであった。

まずはコーラルガーデンからドロップオフを潜行するなり、
いきなりの大グループ。
実はこの映像の前からかなり長い時間見ている。
つづく



2016年3月28日月曜日

28日「大はしゃぎの巻」

この日の体験。
ご夫婦でのご参加ながら、
奥様が残念のギブアップ。
ご主人お一人で潜りました。
初めての世界に見るもの見るもの珍しくて仕方がない様子で
あっちへ行き、こっちへ戻りの大はしゃぎ。
ボートに戻っても大興奮冷めやらないご様子でした。
ぜひ次回はCカードを持って。


2016年3月23日水曜日

23日「ヌーディストパーティinメリディアン」

2月からずっとボラボラにはヌーディストが集っているらしい。
アメリカのテレビ番組で、メリディアンホテルを貸し切り、
ヌードで男女の物語を見せる番組らしい。
ねるとん的な・・・
ま、いいけどね。

2016年3月22日火曜日

22日「ボラボラの南端」

ボラボラのラグーンは南側が美しい。
透き通ったエメラルドグリーンとブルーの
グラデーションが類を見ない綺麗さ。
ゼリーみたいな水。
まずは目の保養を。

2016年3月21日月曜日

21日「今日のタプー」

今日もレモンとツマグロフィーバー。
目の前を旋回してくれて、ダイバーもうれし。


2016年3月19日土曜日

19日「歩け!ヤドカリ」

うわあ、なんかでかい輩がやってきた。
逃げろ逃げろ。
ちょっと重いで〜。

2016年3月18日金曜日

18日「綺麗なコーラルガーデン」

凪で、かつ最高の透明度に恵まれたコーラルガーデン。
空もすっきり。
こりゃあ、潜るでしょ。

2016年3月17日木曜日

17日「今日のレモン」

実はボラボラにいるレモンシャークはみんな女の子。
今はいないが、妊娠すると大変立派な体躯となる。

女の子のほうが体が一回り大きく、皮膚が分厚いらしい。
交尾の時にすごく噛まれるから、そんなのだそう。
しかし、今季は合コンに行った気配がない。

ちなみに男の子はモーレアに多いらしい。
合コンがどこで行われるかは謎だ。


2016年3月15日火曜日

15日「ある日の夕日」

太陽がオテマヌ山の後ろに沈んでいく。
残念ながらほとんどのホテルからは夕日が水平線に沈むのは
見ることができない。

ヨットクラブに新たにできたペンションの水上バンガローからは
どの季節であろうと、
サンセットは目の前である。
ペンションといっても、かつてホテルで使われたバンガローを
使っているから、中はホテル並みである。

他にもサンセットが見られるレストランやバーは
本当の西側にあるので、
是非ともサンセットの時間に合わせて一杯やろう。


2016年3月14日月曜日

14日「今日のハピティ」

ツマグロに後方からクロスで攻められる。
ダイバーがボートに上がってからも、
まだ周りをウロウロするツマグロたち。

2016年3月13日日曜日

13日「今日のタプー」

タプーはサメだけじゃなくて、
ノコギリダイ、フエダイの群れも見もの。
今日はちょっと暗いなあ。

2016年3月9日水曜日

9日「早起きはイルカの得」

3間前のことだが、(アップロードに時間かかる)
朝お客様のホテルへお迎えに行く途中、
イルカの群れに遭遇。
時間に余裕があったので、しばらく遊んでもらった。
朝日の反射がきつくて見えにくいのが残念。
本当に小さな子が跳ねるのが可愛いではないか!

この日は嵐のあとの凪。
ラグーンの中とはいえ、普段は風当たりが強く波が立って、
こんなに穏やかにクルージングできるエリアではない。
たった一人でイルカと遊べる贅沢!

2016年3月8日火曜日

2016年3月7日月曜日

7日「黒蝶貝の集落」

アナウの奥の方に、
とても見やすく上向けに並んだ黒蝶貝の集落。
とても敏感で、少しの水の動きに反応して口を閉じちゃう。

この中には真珠は入ってない。
・・・と思う。
もう自然ではほとんどなくなったから。


2016年3月6日日曜日

6日「すけすけ」

ちょっと頭部が変な形のレモンが泳ぎ去って、
その上方、
細長いのがいっぱい。
アオヤガラの群れ。
なかなか寄れないんだよ、普通はね。
今日はなかなかのアプローチを許してくれた。
下から見ると、光が通って、骨見えとる。

2016年3月4日金曜日

4日「ハピティのニモ」

ハピティは大抵透明度も良く、
数は多くないものの、ツマグロの寄りが近く、
写真には絶好のコンディションのポイントだ。

16mにいるニモ(オレンジフィンアネモネフィッシュ)。
癒しのスポット。

2016年3月3日木曜日

3日「暑い」

フィジーに超大型サイクロンが上陸した。
その影響か、ポリネシアにも大型低気圧がはびこり、
台風並みの天気が2週間にわたって続いている。
時々晴れ間ができるもの、太陽が出れば、
いやにあるほど蒸す。

現地人は「今年は異常に暑い、
こんなにひどく暑いことは初めてだ」と
口々に言いながら、ぐったり。

温暖化に加えて、エルニーニョ。

最悪の時期は去ったようだが、
まだまだ大きな雲が北の方に広がっている。

2016年3月2日水曜日

2日「タプーでギンガメ」

すごく珍しいことにタプーに少ないながら
ギンガメの群れの遭遇。
嬉しいことに私たちの周りをぐるりと巻いて、
なんだなんだと確認するように
泳ぎ去って行ってのだ。