2018年5月20日日曜日

20日「ブルースターダスト」

マンタが主役のアナウを彩るデバスズメダイ。
キラキラ光を反射しながら舞う様子はスターダストみたい

2018年5月18日金曜日

18日「パスの景色」

パスはとても素敵なポイントだが、
コンディションの問題で最近はなかなか潜れる機会に恵まれない。
この日、久しぶりにいいコンディション。
パスは段々のドロップオフ。
大きな岩と岩の間が回廊のようになっていたり、
地形が素敵。
ハタタテダイの壁があったり、ネムリブカが休んでいたり、
他ではみられない景色なのだ。


2018年5月14日月曜日

14日「ついてくるチョウチョウ」

トゲチョウチョウがしっかりついてきてますね!
右手にパンをしっかり握って。

2018年5月12日土曜日

12日「ちょっとえげつないくらいの寄り付き」

スノーケルツアーのタヒチ人ガイドのお兄ちゃんが
パンを巻いております。
それめがけて集まる魚の寄り付きがちょっとすごい。
お客様もちょっと引き気味?

2018年5月6日日曜日

6日「タプー潜行」

あるタイミングでタプーで潜ると・・・
そもそも船の周りはサメで囲まれている。
餌を期待しているので、水面ギリギリを泳いでいる。
潜行していくとサメと同じ目線に。
下までに行くと、見上げなければならない。



2018年4月30日月曜日

2018年4月28日土曜日

28日「これがタヒチチョウチョウウオ」

固有種のタヒチチョウチョウウオ。
グレーのグラデーションと色は超地味ながら、
つぶらでお茶目なお目目をしています。
三角で黄色い小さな尻尾がまた可愛い。

2018年4月26日木曜日

26日「ゴマモンガラ」

いかつい顔で、鋭く強い歯を持つゴマモンガラ。
ボラではいい子のゴマちゃんです。
大きな岩を動かして何したいのかな?

2018年4月24日火曜日

24日「コバンザメ、掃除ウオ付き」

お腹の下にコバンザメが一匹、
それから掃除ウオが2〜3匹チョロチョロ、
あともう一匹、丸いお魚がくっついてます。

2018年4月22日日曜日

22日「海のクリスマスツリー」

いろんな色のクリスマスツリーがサンゴに生えている。
水流を起こすと引っ込んでしまう。
英語名は本当に「クリスマスツリーワーム」。
日本語名は「イバラカンザシ」。
ムシの仲間で、本体はサンゴの中、
クリスマスツリーに見える部分は口の触手で、
プランクトンを絡め取って口に運ぶの。


2018年4月15日日曜日

15日「魚の群れと一緒」

見るでもなく、見ないでもなく、
魚と同じスピードで、
そっちには興味ありませんよ〜というテイで
なんとなく近づくのがコツです。

2018年4月13日金曜日

13日「気になって仕方がないサメ」

動画中盤以降。
同じところに戻ってくるレモンシャークとホワイトチップシャーク。
お鼻クンクン。

2018年4月11日水曜日

2018年4月9日月曜日

2018年4月5日木曜日

2018年3月30日金曜日

30日「ハピティの景色」

クレーターが並ぶハピティ。
9年前に全滅したサンゴが順調に育って、
綺麗なコーラルガーデンが広がっています。

2018年3月28日水曜日

28日「パスの景色」

ハタタテダイの棚があり、
オーバーハングがあり、
サメの部屋があり、
回廊があり、
そして最後にはコーラルガーデンが広がる。

2018年3月26日月曜日

26日「ネッタイミノカサゴ」

下にいたのがキミオコゼ。
違いがわかってもらえたかな?
(16日参照)

2018年3月18日日曜日

2018年3月16日金曜日

16日「キミオコゼとネッタイミノカサゴ」

最初の5匹がキミオコゼ。
下の2匹がネッタイミノカサゴ。
違いはネッタイの方が柄が細かくて、さらに胸ビレの根元に斑点があるの。
ちょっと暗いから、わかるかなあ〜

2018年3月5日月曜日

5日「黄色いやつ」

よくいる魚だけど、黄色いのは綺麗・・・
ヘラヤガラ色変種。

2018年3月3日土曜日